2009年03月14日

自賠責保険

自動車損害賠償保障法(自賠法)によって義務付けられている強制保険です。自賠責保険をつけずに自動車および原動機付自転車を運転すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、さらに違反点数6点、免許停止の処分の対象になります。

また、自賠責保険に加入していないと、車検を受けられません
車検時には、車検期間をカバーする保険期間の自賠責保険に加入している必要があります。

保険の目的
自賠責保険は、人身事故のみが対象ですから、対物賠償事故や、運転者自身のケガ等はカバーできません
また、対人損害補償として、下記の保険金が上限です。
死亡時:3000万円まで
重度後遺障害時:4000万円まで
傷害:120万円まで

相手のクルマやガードレールなどの損害(対物賠償責任保険)や、運転者自身のケガ(搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険)、自分のクルマの損害(車両保険)は自賠責保険ではカバーできません。
また、自賠責保険の支払い限度額を超える人身事故への備えも必要です。人身事故で損害賠償額が1億円を超えることは珍しいことではありません。



posted by インズ at 18:33| Comment(0) | 自動車保険の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。