2009年03月14日

対物賠償保険

対物賠償保険は、交通事故により、他人のクルマやモノなどの財物に、破損、汚損、滅失などの損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。対物事故の場合、損害賠償請求されるのは直接損害を与えた相手のクルマやモノの修理代だけではなく、事故によって生じた間接的な損害もカバーします。たとえば、店舗に突っ込んでシャッターを壊し、その店舗が営業できなくなったときの休業損害や営業損失なども損害として積算されます。また、クルマ同士の事故であっても相手がバスやトラック、タクシーといった業務車の場合は、休業補償分の賠償金も必要になります。

対物賠償保険は、これらの損害賠償もカバーします。ただし、他人に所有権がある持ち物に限ります。自分のモノ、たとえば自分の車は対物賠償保険ではカバーできません。


posted by インズ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。