2009年03月14日

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、被保険自動車に搭乗中の人(運転手を含む)が、事故により死亡したり後遺障害や傷害を負った場合に保険金がでる保険です。
搭乗者傷害保険は、過失割合や他の保険からの給付、事故相手からの賠償金などに関わらず保険金が支払われます。
また、他車との事故だけでなく、自損事故や自分のクルマのドアで指を挟んだりしたような場合も、保険金の支払い対象になります。

ただ、この保険は、他の保険と独立で支払われるため、請求を忘れるケースが多いようです。
損害保険会社の保険金未払いが一番多かったのもこの保険です。
事故があったときには、まずは保険会社に連絡しておくことです。

実際に治療にかかった分を補てんする日額払いと、症状により一定額の支払いが行われる部位症状別払いがあります。



posted by インズ at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。